お客様の声

定番のシンプルなデザインの手作りご結婚指輪

手作り結婚指輪お客様写真45

お二人は シンプルリングコース をお選びいただき

甲丸型リング をご制作いただきました。

旦那様は プラチナ

奥様は イエローゴールド

お選びいただきました。

 

それではお二人の作業風景をご紹介します!

 

「 指輪への印字 」

手作り結婚指輪お客様写真46

お二人には指輪の内側に入れる刻印の文字をお決めいただいております。

この文字はお二人にとって大切なものとなります。

記念日を入れる?

二人の名前を入れる?

などとお二人で楽しくご相談されています!

そんなお二人のために、ついぶ東京工房では色々な文字入れが可能です!

 

当日お持ち帰りご希望のお二人には、その場で印字を。

 

印字もこだわりたいというお二人には、機械での印字を。

こちらではいろいろなフォントをご用意しております。

 

自分たちで描いたものを印字したいというお二人には、手描き印字を。

 

お二人でしっかり相談してお決めくださいね!

 

「 スタート!! 」

手作り結婚指輪お客様写真47

それでは材料の準備ができたので、作業を始めていきましょう!

お二人とも頑張りましょう!

手作り結婚指輪お客様写真48手作り結婚指輪お客様写真48

 

 

 

「 まずは輪っかを 」

手作り結婚指輪お客様写真49

棒から始まる指輪作り!

まずはどんどんまげて輪っかを作り、端と端をつっくけていきます。

イエローゴールドをお選びになった奥様。ちょっと苦戦されている様子です、、

イエローゴールドは硬い金属なので、曲げるのがとても難しいのです、、、

手作り結婚指輪お客様写真50

手先の器用な旦那様が奥様をサポートしてくださいました!

普段見ることの出来ない、お互いの意外な一面を見ることもできるかもしれませんね(#^.^#)

 

「 溶接作業 」

手作り結婚指輪お客様写真51

溶接作業も綺麗にできました!

形がおにぎりみたいだけど大丈夫、、、?

と思うかもしれませんが大丈夫です!!

 

「 ハンマーで形作り 」

手作り結婚指輪お客様写真52

おにぎり型だった指輪を、木槌を使ってトントン叩いて形を整えていきます。

叩くことでどんどん形が丸く成形され、同時に指輪も硬くなり丈夫な状態に変化するのです!

ついぶ東京工房で行う鍛造技法での指輪作りでは、この叩くという作業がとても肝心なのです!!

 

「 内側までしっかりと 」

手作り結婚指輪お客様写真53

 

最後の作業は内側の磨きです。

外側ばかり意識してしまいますが、内側もすごく大切です。

自分の指に直接触れる部分なので、丁寧に磨くことで着け心地も大きく変わってきます!

 

この写真の作業は ヘラがけ と言って、硬い金属の棒で指輪をこすると、指輪の方の金属が押しつぶされ傷が埋まっていき、綺麗になっていきます。

この作業は、あまり経験したことのない感覚だと思うので、ぜひ皆さまに体感していただきたいです!

手作り結婚指輪お客様写真54

 

 

「 ☆完成☆ 」

手作り結婚指輪お客様写真55

 

最後はお二人で表面のテクスチャーを変えて仕上げました。

奥様は マット仕上げ

旦那様は 鏡面仕上げ

をお選びされました。

手作り結婚指輪お客様写真56

 

そして最初に考えていただいた指輪への印字を内側に刻印して完成です!!

お二人ともお疲れさまでした。

旦那様は曲げる作業や叩く作業をとても上手にされていました。

奥様は細かな磨きの作業をとても丁寧にされていました。

人それぞれ得意な作業があります。

お二人は最後まで協力しあってご制作いただきました!

ご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに*

幅違いの甲丸鎚目型の手作り結婚指輪

*** お客様の声 ***

「なれるまで大変だったけど楽しく作れました。指輪はとても素敵なものができて満足です。」

035

 

お二人は シンプルリングコース をお選びいただき、

プラチナの甲丸鎚目型リング をお作りいただきました。

 

 

それではお二人の作業風景をご紹介します!

 

「 まずはバーナーを使いましょう! 」

004

最初の作業はバーナーを使い、指輪の材料を温めるところから始まります!

最初から火を使うので皆さま驚かれたり、緊張するかもしれませんが、スタッフがしっかりサポートしますのでご安心を(^^)

旦那様の真剣な表情がかっこいいですね!!

005

プラチナの棒が真っ赤になってきました。

この時のプラチナの温度は 約1000℃ くらいにまで熱くなっているんです!!

こんなに間近で金属が温まるところを見ることはなかなかできないのでしっかり見といてくださいね!

006

奥様の勇姿をカメラでぱしゃり☆

作業中いつでも写真を撮っていただけます!素敵な想い出をたくさん残してくださいね♪

 

 

「 CからDへ 」

008

温めて柔らかくなったプラチナの棒を、道具を使って曲げていきます。

まずは Cのような形 にしていきましょう!

お二人とも手先が器用できれいな Cの形 にしていただきました!

009

そこからもうひと踏ん張りで Dの形 にしていきましょう!

指輪作りの中でここが一番難しい作業かもしれません、、

お二人とも頑張ってくださいっ!!!

010

ぴったりと端と端が合わさり Dの形 になりましたね。

ここで重要なのは、どれだけ隙間なく合わせられるかです!!

ここの合わせ具合で完成仕上がりが変わってきます!

 

「 ハンマーを使って形づくり 」

015

お二人ともなんだかかっこいいポーズをしていますね!

なにかを狙っているようにも見えるこのポーズ、、

お二人は指輪がしっかり丸くなっているかの確認中です!

023 024金槌を使って模様付け♪

指輪を交換して作っているお二人。

お互いの指輪がどんな模様になっているかを、見合いっこしていますね!

旦那様は細かい作業がお好きで、細かな可愛らしい模様のデザインを奥様の指輪に。

元気な奥様は、勢いのあるかっこいい模様のデザインを旦那様の指輪に。

作る方によって模様が変わるハンマーテクスチャー。手作りならではのデザインですね!

 

「 機械を使って仕上げ作業 」

手作り結婚指輪お客様写真32

最後は機械も使い、表面をピカピカに仕上げて行きます!

こちらは バフ という機械で、布を高速回転させそこに指輪を押し当てて磨いていきます。

 

「 ☆完成☆ 」

手作り結婚指輪お客様写真33

最後は出来立てほやほやの指輪を持っていただき、お写真を♪

頑張って作った指輪にはとっても愛着が湧きますね。

 

お二人ともお疲れさまでした。

最後まで楽しくご制作いただき、こちらまで楽しませていただきました!

もうすぐご入籍のお二人は、当日のお持ち帰りがご希望で手作りをお選びになられたそうです。

作り初めて3時間で完成しお持ち帰りができるのも、手作りならではです!

ご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに*

 

 

 

 

幅広でホワイトゴールドの手作りご結婚指輪

*** お客様の声 ***

「思っていたよりも本格的に作業が出来て、とても良い思い出になりました。ありがとうございました!」

「最初は不安もありましたが、本当に楽しく、思い出にも残る体験となりました。出来上がった指輪は2人の宝物です。ありがとうございました。」

IMG_2707

お二人は シンプルリングコース をお選び頂き、

ホワイトゴールドの鎚目型リングをお作りいただきました!

 

それではお二人の作業風景をご紹介します。

 

「棒の状態からスタート!!」

IMG_2653

指輪作りのはじまりは棒からです!

お二人は幅広の4mm幅をお選びいただきました。

幅が太くなるほど少し加工が難しいので、今回はちょっぴり難易度が高めの作業になります!

お二人とも頑張っていきましょう!!

 

 

「まずは曲げる作業」

IMG_2661

ぐいぐいと金属を曲げていただき、端と端をピッタリと合わせていきます。

指輪作りの中でここが一番難しい作業になります!

幅広の場合は特に金属が硬いので、かなり大変です、、、。

IMG_2666

旦那様が奥様のことを心配そうに見ていらっしゃいますね。

この作業は女性の方にはかなり力の必要な作業になるので、お二人で協力して作業してくださいました(*^^*)

 

 

「おまんじゅうのような形に」

IMG_2668

棒だったホワイトゴールドが次はおまんじゅうのような形になりましたね。

〇の形じゃなくていいの??っと思うかもしれませんが、端と端をぴったりと合わせるには、この形が大事なのです!

お二人ともとっても頑張っていただきました!!

 

 

「2種類のハンマーを使って」

IMG_2676

 

次は丸く指輪を整えていきます!

まずは木製のハンマーを使い、

トントン♪トントン♪と叩いていきます。

みるみるうちに形が変わり、まんまるの指輪に変身です!

IMG_2680

形が整ったら、金属製のハンマーにチェンジ!!!

次はカンカン♪カンカン♪槌目模様を付けていきましょう!

美大出身のお二人、とても器用に模様付けをされていました(^^♪

どんな模様が入ったか、完成が楽しみですね☆

 

 

「手が真っ黒に!」

IMG_2699

最後は磨きの作業です。

内側も外側も傷が残らないようにしっかりと磨いていただきます。

お二人の手が真っ黒にっ!!!

こんなに手が汚れるまで頑張って作った指輪です。

とっても愛着が湧きますね(#^.^#)

 

 

「☆完成☆」

手作り結婚指輪お客様写真19

完成です!!!

槌目模様が綺麗に入ったご結婚指輪になりました!

落ち着いた雰囲気がお好みのお二人は、表面をマット仕上げにされました。

IMG_2712

 

お二人にお似合いの指輪に完成しましたね!

今回お二人が手作りの指輪をお選びになられたきっかけは、ご両親のご結婚指輪も手作りだったからだそうです!親子で手作りの結婚指輪を着けているって素敵ですね*

美大出身のお二人は、今回の難易度高めの作業もとても器用にこなされていました!

流石でした!!

ご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに。

 

コンビカラーの手作りご結婚指輪

*** お客様の声 ***

「初めてバーナーを使った作業をして、緊張もしましたが、金属が変わっていくのが見ていて楽しかったです。」

手作り結婚指輪お客様写真34

お二人は シンプルリングコース をお選びいただき、

コンビリング をお作りいただきました。

 

奥様は プラチナとピンクゴールド のコンビカラー

旦那様 プラチナとイエローゴールド のコンビカラー

 

それではお二人の作業風景をご紹介します!

 

「 スタート!! 」

手作り結婚指輪お客様写真35

コンビリングをお選びになられたお二人は、2本ずつ指輪をお作りいただきます!

ボリューミーな制作内容となりますが、頑張って作っていきましょう!!

手作り結婚指輪お客様写真36

左から順に

プラチナ

プラチナ

イエローゴールド

ピンクゴールド

です。

イエローゴールド と ピンクゴールド の色がなんか黒っぽくて、、、

って思いますよね。

イエローゴールド と ピンクゴールドは火に当てると酸化して黒く色が変わる性質を持っています。この黒色は表面に薄く付いていて、磨くと無くなるのでご安心を!

 

 

「 溶接作業 」

手作り結婚指輪お客様写真37

 

棒だった指輪を溶接をし、くっ付けていきます!

旦那様の真剣な表情がかっこいいですね*

 

金属によって溶接のやり方も変わってきます。

手作り結婚指輪お客様写真39

 

まずはプラチナです。

プラチナは融点がとても高いので、強い火でどんどん熱を加えていきます。

プラチナがこれくらい赤く発光するくらいにしていきます。

このときの温度は約1000℃!

 

手作り結婚指輪お客様写真38

 

次はイエローゴールドです。

イエローゴールドにプラチナのような強い火を当ててしまうと、ドロっと溶けてしまいます。

柔らかい火でゆっくり全体の温度を上げていき、色がこれくらいの赤色になれば溶接が出来ます。

 

コンビリングをお選びいただけると2種類の溶接のやり方を体験していただけますね!

 

綺麗に溶接ができました!!

手作り結婚指輪お客様写真40

 

 

「 ハンマー作業 」

手作り結婚指輪お客様写真41

木槌を使い、指輪の形を整えていきます。

専用の棒に差し込み叩くことで、綺麗な真円に仕上がります!

手作り結婚指輪お客様写真42

奥様のこの真剣な眼差しもとても大事な作業です。

下からのぞくと真円になっていないところには光が見えます。

この光が見えなくなるようにしっかりと叩いていきましょう!!

 

「 磨き作業 」

手作り結婚指輪お客様写真43

 

形が整ったら、磨き作業で表面を綺麗にしていきます。

色々なヤスリを使います。

まずは金属のヤスリ、スポンジのヤスリ、紙のヤスリ、、、

徐々に傷を小さくし綺麗な表面に仕上げていきます。

手作り結婚指輪お客様写真44

根気のいる作業ですが、少しずづ綺麗になっていく姿が見えるので、お二人もとても集中して作業をされていました!

 

「 完成 」

手作り結婚指輪コンビカラーリング1

最後は指輪をお預かりし、職人が加工を施していきます。

コンビカラー溶接とサイドにミルグレインの入ったデザインのご結婚指輪に完成しました!

手作り結婚指輪コンビカラーリング2

 

お二人ともお疲れさまでした。

普段から手先を使ったり細かい作業をするのがお好きなお二人。

難しい作業もとっても器用にされていました!

旦那様は磨きの作業、奥様はバーナーの作業が楽しかったとおっしゃっていました。

 

ご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに*

お揃いの槌目模様の手作りご結婚指輪

*** お客様の声 ***

「指輪の作業は普段しないので、凄く良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。」

「初めて指輪を作るのは緊張しましたが、やさしく教えてくださり分かりやすかったです。作っている途中もいろいろとお話ができ、楽しく作ることができました。」

 IMG_2349②

お二人には シンプルリングコース をお選び頂き、

ホワイトゴールドの槌目型リングをお作りいただきました。

それではお二人の作業風景をご紹介します!!

 

「まずは指輪選びから」

IMG_2148②

どんな指輪を作るか、ここはとっても大事なところですね!お二人でゆっくり相談してお決めくださいね(^^♪

ご制作の前にしっかりサンプルを見てお選びいただけます。ご安心下さい*

 

「それでは作業スタート!!」

IMG_2168②

作業の始まりは金属の棒から。

まずはどんどん輪っかに曲げていきましょう!

金属の棒だから硬いと思い気や、、、少し力を加えると金属が ぐにゃっ と曲がるんです!!

特にホワイトゴールドは柔らかい素材なので、みなさま驚かれます。

お二人も驚いていますね!

IMG_2177②

次は工具も使ってどんどん輪っかにしていきます!

スタッフが使い方をしっかりレクチャーするので、初めてでも全然大丈夫ですよ(^^♪

 

 

「バーナーを使って溶接を!」

IMG_2185②

 

輪っかが作れたら溶接作業です。

溶接もお客様にしていただきますよ!

バーナーを使うことってなかなかないと思います。ここはフォトタイムです!!たくさんお写真撮ってくださいね!

*ここで少し豆知識*

ホワイトゴールドの溶接では火の温度を 790℃ まで上げていきます!

790℃ってどんな温度か想像できないと思いますが、かなり熱いです(笑)

 

 

「金槌でトントン♪カンカン♪」

IMG_2222②

 

金槌を使ってトントン、カンカン、模様をつけていきます!

この作業は叩く方によって槌目の模様が変わってきます!!

強く叩くとゴツゴツとした槌目模様に。

優しく叩くと細かなキラキラしな槌目模様に。

IMG_2235②

 

模様の感じを確認中ですね♪

どんな模様が付いたのでしょうか??お二人の槌目模様が楽しみですね!

 

「最後は磨き作業」

IMG_2248②

指輪の形が出来たら、磨き作業です。

ここは少し根気のいる作業です、、

指輪の内側は指のあたる大事な部分です!しっかり磨いておくと、指輪の着け心地ががらりと変わります。

お二人も真剣モードですね!真剣な表情も素敵です(#^^#)

 

「☆完成☆」

IMG_2297②

 

手が真っ黒になるまで頑張って頂きました!!!

IMG_2345②

最後は内側に印字を入れて完成です!!

完成したその場で印字ができるので、すぐにお持ち帰りも出来ます♪

IMG_2306②

 

お二人ともご制作お疲れ様でした!

バーナーでの溶接や金槌を使った模様付けはアクティブなお二人にはピッタリなコースでした!

医療系で働くお二人、繊細な作業もとても集中してましたね!

ご来店ありがとうございました。

末永くお幸せに*

 

 

プラチナを使ったシンプルなデザインの手作りご結婚指輪

手作りご結婚指輪の制作風景をご協力いただき、撮影させていただきました!!

棒状の材料から世界にひとつのご結婚指輪が完成するまでをご紹介いたします☆

シンプルリングコースですっきりとした甲丸型と幅広の槌目型のプラチナリングをご制作いただきました。

002

棒状材料の状態を。
これが指輪になっていくなんて、みなさん最初は想像もつきませんよね!?

001

お二人ともスタート時のお写真を、がんばっていきましょう!!

 

最初に金属をやわらかくするためにガスバーナーで炙ります。

プラチナが真っ赤になるまで熱します。
この瞬間温度は1000度以上の高温に!!

それから急冷することで金属がやわらかくなります。

005

006

 

やわらかくなったところでペンチで曲げていきます。

なかなか難易度高めの作業です。

013 019017

 

お二人ともうまくいったようですね♪♪

形は歪でも構いません!!
隙間なくぴったり端と端が合さっていることが重要なのです。

 

次は溶接を!!

022 023 026

 

緊張の瞬間です。

金属を部分的に溶かして端と端を溶接していきます。

 

うまく溶接できたら、きれいな真円になるように木のハンマーで叩いていきます。

028

サイズ調整もこの際に直接行うので、既製品ではできないぴったりのサイズとなりますよ!!031

旦那様は槌目デザインなので、金槌でも叩きます。
このひと振りひと振りが模様になっていきますよ♪♪032

丸くなってサイズが合えば、形をヤスリで削って整えていきます。

削りすぎには要注意!!

040

その後は細かく傷を取っては磨くの繰り返し。

044

地味だけどとっても重要な作業なのです。

045

ちゃんと磨けているでしょうか!?

スタッフもサポートしますが、お二人でも確認しあいながら作業をすすめていただきます。

 

最後は機械でツヤ出しの研磨作業です。
今までの地道な作業工程が、いっきに花開く時が!!

050

 

053

 

 完成です☆

ピカピカな仕上がりとなりましたね☆奥様の指輪には後日ダイヤモンドを石留をして完成です!!

デザインは違いますが、お二人のイメージとデザインもピッタリです!!

060

完成後にお二人の2ショットを!!

058

お二人とも優しい雰囲気の似たもの御夫婦で、おだやかだけど、とても楽しんで作業していただけたようです!!

○お二人のご感想
「指輪になる前の形からのスタートで、すごく貴重な体験になりました。買うよりも愛着がわきました!!楽しかったです、ありがとうございました!!」
「とても親切、丁寧に教えていただき楽しく作業することができました。思っていたよりもキレイな仕上がりで驚きました。」

遠方よりお越しいただきましたが、その疲れもみせずお二人とも黙々とがんばって作業していただきましたよ!!

ありがとうございました~。
末永くお幸せに。

 

槌目模様がお揃いの手作りご結婚指輪

ご結婚指輪をついぶで手作りしていただいたご夫婦にご協力いただき、制作風景を撮影させていただきました!!

棒状の材料から世界にひとつのご結婚指輪が完成するまでをご紹介いたします☆

今回はシンプルリングコースで手作りの温もりが伝わる槌目型のゴールドリングをご制作いただきました。

材料の状態のゴールドがこちら!!この真っ黒な棒が指輪になっていくなんて想像しづらいですよね、、、。

IMG_5351

まずは加工しやすくするために、ガスバーナーであぶっていきます。「焼きなまし」といって「焼入れ」とは逆の作用で金属をやわらかくします。

IMG_5355

やわらかくなったところでペンチを使って輪っかにしていきます。ゴールド素材はとても硬いので少し曲げるのも大変ですね。

IMG_5358

IMG_5357

なんとかぴったり隙間なく端をあわせることができましたね♪♪

IMG_5360

今度は溶接作業を。

熱すぎると指輪自体が溶けてしまうので緊張の瞬間です、、、。

IMG_5361

無事に溶接できたら、今度は真円にする為、木のハンマーで叩いて成形します。

IMG_5366

きれいに丸くなったら、今度は金槌で指輪を硬く締めつつ、模様を打ち込んでいきます。金槌で打ち込んだ跡のひとつひとつが世界にひとつのご結婚指輪をかたちづくっていきます。

模様をつけたら、リングの内側を紙やすりなどでで削って磨いて仕上げていきます。

つけ心地をよくするために内側はピカピカに磨いていきます。

IMG_5379 IMG_5383

完成しました!!

きれいな真円になりましたね☆手作りしたのでサイズも作りながら微調整できてぴったりになりました♪♪

IMG_5393

完成記念に2ショットを。ありがとうございました~。

IMG_5389

 

026

完成品をお預かりしてそれぞれダイヤモンドを石留して完成となります☆

ピンクゴールドとイエローゴールドの色味にダイヤモンドがよく映えますね♪♪

ありがとうございました。末永くお幸せに。

 

艶消し仕上げで落ち着いた印象の手作りご結婚指輪

ご結婚指輪をついぶで手作りしていただいたご夫婦にご協力いただき、制作風景を撮影させていただきました!!

棒状の材料から世界にひとつのご結婚指輪が完成するまでをご紹介いたします☆

今回はシンプルリングコースでマットな質感の甲丸型のゴールドリングをご制作いただきました。

003真っ黒な棒はゴールドの材料です。
それぞれ必要な寸法に長さや幅、形状を指定して用意します。

004最初に硬い状態の材料をガスバーナーで炙ります。奥様は火を使う作業に少し緊張のご様子。
旦那様がしっかりサポートしながらの作業です。

006材料が赤くなるまで熱します。
ゴールドは熱しすぎると溶けてしまうで慎重に作業します
熱した材料を急冷することで材料が軟らかくなり加工しやすくなります。

 

007 008ペンチを使って徐々に曲げていき端をくっつけていきます
少し力のいる作業です。 010

少し歪な形ですが、オッケです!!溶接してからキレイな円にするので、今は隙間さえなければ大丈夫。

 

011再びガスバーナーを使用して、溶接作業を行います。
しっかり溶接するにはタイミングが大事。
こちらも緊張の一瞬です。 014

継ぎ目を熱して、溶接材を溶かしていきます。
両端の隙間に溶けたゴールドが流れ込みしっかりと溶接できれば完了となります。

 

017

019溶接したリングを金属棒にいれてハンマーで叩き、真円に整形していきます。
サイズの微調整なども行いながら少しづつ作業します。 020 少し早く完了した旦那様は奥様の作業を見守ります。021キレイな円の形ができました!!

リングサイズも作りながら合わせていくのでピッタリになりますよ☆

 

ここからは細かな成形や磨きの作業です。地味な作業で根気がいりますがここからの頑張りが仕上げに影響する大事な工程です。じっくり作業していただきます。

022ヤスリを使っての削り作業。
024 お二人とも真剣な表情です。025

内側を刃物のような道具で艶が出るよう削ります。026 028

時には真剣に、時には談笑しながら。息抜きしながら作業も進めます。

030

表面もスポンジヤスリで整えます。031

どんどん形が整ってくると、指輪完成形が見えてくるので嬉しくなりますね♪♪

033

内側のツヤ出し作業。特殊な棒でこするとツヤが出ることにびっくりされていました☆037 038最後はウェスで磨いて仕上げていきます。

完成までもう少し。しっかりと思いを込めて磨きます。

040

完成です☆

手が真っ黒になってしまったのはがんばった証です。

お疲れ様でした。

047

 

イエローゴールドのシンプルな甲丸リングをつや消し仕上げで完成です!!

落ち着いた雰囲気の上品な仕上がりですね♪♪

042

041

お二人の仲の良いご様子からも手作りの楽しさが伝わってきますね♪♪

作業のひとつひとつの工程にスタッフのチェックとサポートが入りますので、初めての方(みなさん基本的に初心者です。)でも仕上がりは既製品に負けない完成度の高さになりますよ☆

シンプルなデザインでもお二人で手作りした時間はかけがえのない大切の思い出に。

ありがとうございました。

末永くお幸せに。

 

シェアリング加工を施した手作りご結婚指輪

今回はピンクゴールドとホワイトゴールドの細身のリングを一部分交換されるデザインでマリッジリングを制作された方の作業の様子をご紹介いたします。 こちらのリングはベーシックタイプでリングを作っていただき、その後、工房でお預かりして一部分を交換、溶接していきます。 色味の違う素材だと、お互いが引き立てあってとてもきれいな仕上がりになります。 こだわりの光るリングですね!
それではいよいよ作業開始です!
 
 
お二人がお持ちになっているのが、リングの材料です。このようにはじめは棒状のものです。
まず、こちらの材料を火をあてて加工しやすいよう軟らかくしていきます。
火をあて、軟らかくなった金属を専用のペンチで曲げ、端と端をピッタリとくっつけあわせます。硬いピンクゴールドはなかなか大変です。

端と端がピッタリとくっついたらいよいよ溶接をしていきます。
母体の金属より低温で溶けるよう配合された金属を隙間に溶かしこみます。
緊張の一瞬です!

溶接が無事済んだら、今度は芯金棒という鉄の棒にリングを通して木槌や金槌を使って叩いて丸めていきます。
丸くなったら希望のサイズになるよう全体を均等に叩いてサイズを合わせていきます。
ご自身でやっていただくのでちょうどよいサイズが出来あがります。

サイズがピッタリになったら今度は内側を削りつけ心地の良いリングになるよう滑らかに整えます。内側が削れたら表面も丸い形になるよう専用のヤスリで削ります。
これでリングの形は出来あがりました!
次は仕上の作業に入ります。
仕上の作業はホワイトゴールドとピンクゴールドで違ってきます。左の写真はホワイトゴールドの仕上作業風景です。ホワイトゴールドは軟らかい金属なのでヤスリで出来た傷を削り取ることが出来ないので硬い棒状の道具を使って傷を押しつぶしていきます。
こちらはなかなか指の力が要るので大変です。

こちらの写真はピンクゴールドの仕上作業風景です。ピンクゴールドはホワイトゴールドと違い、とても硬いので傷をつぶすというよりは刃物(カンナのようなもの)で傷を削って取っていきます。
今回はお互いに交換されて作っていただいたので、女性は大きなサイズのもの、男性は小さなサイズのものを作業するので少し大変そうでした。
でも、お二人ともがんばって取り組んでいただきました!

仕上の作業が続きます。
全体の大きな傷が取れたら、紙やすりで細かな傷をとっていきます。

細かな傷が取れたら研磨剤で全体を磨いていくとピカッと光ってきます。
リングが完成しました!
お疲れ様でした!
サイズもピッタリですね!
完成したリングをお預かりし、工房でお互いのリングの一部を切り取り、溶接する作業をするためいったんお預かりさせていただきます。

右の写真のように糸鋸を使って切り取ります。
切り取った部分を入れ替え、溶接をしていきます。
溶接が済み、磨きあげて内側に文字をお入れして完成です!
ピンクゴールドとホワイトゴールドの色味が映えてとてもキレイですね!!

作業を終えられてのお二人のご感想
「楽しかったです」
「思った以上に早く、簡単に作成でき、楽しめました」

お二人の頑張りもあって、3時間足らずでリングが完成しました!
お疲れ様でした!
末永くお幸せに!

土屋

手彫りの唐草模様が施された手作りご結婚指輪

ご結婚指輪を手作りしていただいたご夫婦をご紹介いたします。

以前にご旅行で京都にいらした際、京都にあるついぶの本店で、ペアリングを手作りされたとのこと。

関東にお住まいで、ご結婚にあたり、ご結婚指輪も手作りしたいとのことでついぶ東京工房にご来店されました!!

今回は、ベーシックコースでホワイトゴールドのリングを制作していただきます。

まずは材料を持っての2ショットです!! Exif_JPEG_PICTURE

 

それでは制作スタートです!!!

最初の状態だと材料が硬いので、ガスバーナーであぶって軟らかくしていきます。この作業を「焼き鈍し(やきなまし)」といいます。

Exif_JPEG_PICTURE材料が軟らかくなったところで、ペンチを使って材料の端と端を隙間なくピッタリになるよう合わせていきます。かなりコツがいるので難しいですが、しっかりと溶接するには欠かせない作業です。Exif_JPEG_PICTURE

 

隙間がなくなって両端がぴったり合わさったら、溶接します。Exif_JPEG_PICTURE

酸化防止剤を塗ってから、真っ赤になるまであぶり、溶剤を継ぎ目に置いて溶かしこみます。

一瞬の出来事ですが、溶けたゴールドの溶剤が隙間に入り込んでいく瞬間はとてもキレイです!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

溶接が終わったら、歪だった形を直す為に、指輪を棒に入れてハンマーで叩きます。

一回一回丁寧に叩き、形を直しつつサイズを微調整していきます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

その後は形を整える為、ヤスリで細かく削っていきます。

内側なども削って丸くし、付け心地の良い形状をつくります。

Exif_JPEG_PICTURE

特に左手で指輪をしっかり固定することが重要なポイントです。

普段、小さな指輪をしっかり握って固定することはないので、少し大変ですが、がんばってください!!

Exif_JPEG_PICTURE

形が整ってきたら、後は地道にヤスリの傷をとって磨きます。

地味な作業になりますが、ここも仕上がりを大きく左右するポイントです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

一つ一つの作業工程をしっかりと丁寧にクリアしなければ、完成しないのが結婚指輪です。

完成までの道のりは大変だけど、ゴールまでもう少しです、がんばって☆

Exif_JPEG_PICTURE

 

そして、完成です!!

キレイに仕上がった指輪をはめていただき記念に2ショット!!

お疲れ様でした~。

 

そして、ここからが職人の技の見せ所。

完成した指輪をお預かりして、お二人のイメージされている唐草模様を丁寧に一つずつ彫りこんでいきます。鏨明

画像のような色々な種類の鏨(タガネ)と呼ばれる金属加工用の鑿(ノミ)のような道具を駆使して加工します。道具も一つ一つが職人の手作りなのです。

手彫り加工が完了したら、ダイヤを留めて指輪が完成です!!!

Exif_JPEG_PICTURE

 

表面にびっしりと彫った部分はキラッと光るので、仕上をマットにして強調しています。

ホワイトゴールドの暖かな色みもお二人の優しい雰囲気を表現できていますね!!

お二人がこだわったオリジナルのご結婚指輪となりましたね☆

●お二人のご感想

「素材から形になるまで勉強しながらつくることができ良い体験ができました。ありがとうございます。」

「親切に教えていただきありがとうございます。思いを込めてつくれたので良かったです。」

ありがとうございました。

一度ペアリングを制作されたお二人が、手作りの良さをしていただき、今度はご結婚指輪を手作りしにいらしていただいたことは私達としても大変喜ばしいことです。指輪を制作していただいている写真などは一生の思い出になりますね☆

作業もひとつひとつが重要で、難しい部分もありますがしっかりとサポートさせていただき、一生懸命がんばって作業していただいたのでとっても完成が高く仕上がりましたね!!

お二人で手作りした指輪と思い出をいつまでもお大事になさってください☆

末永くお幸せに。