プラチナ・ゴールド・シルバーについてご紹介⑤

本日はシルバーについてご紹介します!

 

 

≪ シルバー ≫

シルバーは一般的なアクセサリーの多くに使用されている素材です。

プラチナやゴールドに比べると値段もお安く、柔らかい素材で扱いやすい事から、昔からアクセサリーや雑貨などに使われてきた素材です。

そして、シルバーはプラチナ・ゴールドよりも光の反射率が高く、白く輝くのが特徴です!

 

IMG_6744

 

しかしシルバーは結婚指輪や婚約指輪にはあまり使われないですよね、、、

それは強度が弱いというのと、色変化がしやすいということです!

(プラチナ・ゴールドに比べると貴重性が少なく値段がお安いという事もあります。)

シルバーはプラチナ・ゴールドに比べると、柔らかく、傷が付きやすいので、一生身に着けていく結婚指輪などにはどうしても不向きになってしまうのです。

あとはすぐに化学変化が起こり、色変化をしてしまいます。

汗や温泉(硫黄)などに触れると硫化して黒く変色してしまいます。なので、他の金属に比べるとお手入れが必要になってきます。

しかしこの硫化を生かして、いぶし仕上げができるのもシルバーの特徴ですね!!

IMG_6479

 

*シルバーの素材の違いについて*

シルバーはシルバーだけでは柔らかすぎるので、一般的には他の金属を加えて強度を強めています!

シルバー1000

→シルバー100%  柔らかすぎるのでアクセサリーなどでは、使われることは少ないです。

シルバー950

→シルバー95%   ついぶで使用しているのはこちらのシルバーです。少し柔らかいですが、ついぶでは鍛造技法という方法で作るのでしっかりとしたリングになります!

シルバー925

→シルバー92.5%  多くのアクセサリーで使用されています。鋳造技法での制作には向いていると言われています。

シルバーの配分量を変えることによって、その物に最適なシルバーの状態を作り出しているんですね!

★★★シルバーのお手入れ方法★★★

皆さんシルバーリングやアクセサリーを着けた後、長い間ほっておいたら真っ黒になってしまったーーー!ってことありますよね(*^^*)

黒くなってしまうのを防ぐには、保管方法が大切になってきます!!!

着用後しばらく着けない場合には、しっかりとティッシュなどで水分や汚れをふき取り、空気に触れないようにチャック袋などに保管しておきましょう!

いつも身に着けている方はホームセンターなどで販売されている、シルバークロスなどでたまに拭いていただくと輝きも保つことが出来ます!

ぜひ試してみてください!!

ご覧いただきありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>