blog

プラチナ・ゴールド・シルバーについてご紹介④

本日はホワイトゴールドについてご紹介したいと思います!

wg

≪ホワイトゴールド K18≫

ホワイトゴールドは海外では結婚指輪に多く使われている素材です。

色味はプラチナに似ており白銀色をしております。

シルバーとゴールドの間に色をしていて、プラチナよりも白さが少ないので、落ち着きのある色をしています。指馴染みが良く、ついぶ東京工房では男性のお客様に人気が高いです(^^)

プラチナと色味は似ていますが、ホワイトゴールドの方がお手頃な価格なのと、比重が軽いため同じデザインでもお安くお作りすることが出来ます!

着け心地が軽いので、重さを感じたくない方におすすめです!!

小林様

ついぶ東京工房でご用意しているホワイトゴールドはK18です。

プラチナと一緒で色変化はしません!

汗をかいても、温泉に入っても色が変わることはありません!

安心してずっと着けていただけます(#^.^#)

 

強度的にはプラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドより柔らかい素材となります。(ついぶでご用意しているプラチナはハードプラチナ)

ホワイトゴールドは華奢なリングだと少し強度の面で心配なところがあるので、ついぶ東京工房では2.5mm幅からご用意しております。2.5mm幅であれば安心して着けていただけると思います。

(プラチナ・イエローゴールド・ピンクゴールドは1.5mm幅のスリムタイプのリングもご用意しています)

 

*ゴールドの表記で使われている K10、K18、K24 って?*

IMG_5381

ゴールドの素材で作られている物には、K10やK18、K24などと刻印がしてあります。

この数字の違いはゴールドが含まれている量を表しています。

K24

→ゴールド100%  ゴールド100%では強度がないので、ジュエリーとしては使う事は難しいです。

K18

→ゴールド75%   残りの25%に何を加えるかでゴールドの色を変えています。そして強度の面もUPさせています。

K10

→ゴールド42%   ゴールドの量が少ないので、お値段がお安くなります。

 

 

次回はシルバーについてご紹介します♪

 

 

 

 

 

プラチナ・ゴールド・シルバーのついてご紹介③

 

 

 

 

本日はピンクゴールドについてご紹介します!
pg

≪ピンクゴールド K18≫

淡いピンク色でとても可愛いらしいピンクゴールドは、指馴染みも良く、女性のお客様に人気の素材です!

そしてとても硬い素材になるので、毎日着ける結婚指輪としては安心して着けていただけると思います。

ついぶ東京工房では、棒の状態の金属を曲げて作る鍛造技法でお作りします。なので硬いピンクゴールドは加工が一番難しいです。。。可愛い色してとっても手強いのです。。。!!

でも大丈夫!!スタッフがしっかりサポート致しますので、安心して作っていただけます(^^♪

 

 

 

no.8 シンプルリングコース

 

ピンクゴールドは銅が多く含まれているので、色変化が一番しやすい素材になります。

汗や温泉(硫黄)に反応して、色が変わってしまいます。

なので汗をかいた後はしっかり拭き取るようにしましょう!

温泉は絶対に外しましょう!!!真っ黒になってしまいます!!!

 

*かんたんメンテナンス*

・中性洗剤を使って、柔らかい布で拭いてあげましょう!(金属は硬いけれど、傷が入りやすいので、柔らかい布を使いましょう。)

・ホームセンターや100均などで売られている、指輪磨きの布やクリーナーで磨いてあげると輝きが戻ります☆ たまに磨いてあげましょう♪

 

次回はホワイトゴールドについてご紹介します!

プラチナ・ゴールド・シルバーについてご紹介②

本日はゴールドについて紹介したいと思います!

ついぶ東京工房でご用意しているゴールドは3種類です。

・イエローゴールド K18

・ピンクゴールド K18

・ホワイトゴールド K18

 

日本ではプラチナが結婚指輪の定番として選ばれていますが、海外ではゴールドが主流なのです!!最近では日本でもゴールドの指輪を選ばれる方も増えています!

≪イエローゴールド K18≫

yg

イエローゴールドはプラチナよりもお手頃な価格でお作りすることができます。

なぜかというと、、、

金はプラチナより多くの場所で採ることができ、生産量が多いからです。そしてプラチナよりも比重が軽いので、同じ形、サイズのリングを作っても軽くなるため、お安くなります!

そしてイエローゴールドは硬い素材になるので、日常生活で肌身離さず着けていても、耐久性は◎!

しかしイエローゴールドは色変化してしまいます。

使っていると、だんだん黄色味が強くなってきてしまいますが、、、

その色変化も、経年変化として楽しむのもありですね(^^)

温泉だけは気を付けてくださいね!!!真っ黒になってしまいます!!!

no.2 シンプルリングコース

イエローゴールドは白く輝くダイヤモンドをより引き立たせてくれます!リング自体は他の素材よりもお安く作れるので、ダイヤモンドなどの宝石で豪華にするのもいいですね♪

色の濃いルビーやサファイアなどのカラーストーンとの相性もとてもいいですよ!

 

次回はピンクゴールドについてご紹介します☆

 

 

プラチナ・ゴールド・シルバーについてご紹介①

今回はついぶ東京工房でお作りいただける金属の種類、素材の特徴について紹介したいと思います!

プラチナ…ゴールド…シルバー…

名前は知ってるけど、どう違うの?という方は多いと思います!

大切な結婚指輪だからこそ、金属の特徴を知って、しっかり選びたいですよね★

all

ついぶ東京工房で用意している素材は5種類です!

・プラチナ Pt900

・イエローゴールド K18

・ホワイトゴールド K18

・ピンクゴールド K18

・シルバー 950

≪プラチナ Pt900≫

pt

日本ではブライダルリングとして多く使われているプラチナ。

プラチナは他の金属に比べて、柔らかく、しなやかなため加工がしやすく、デザインの幅も広いです。プラチナは白く美しく光るので、ダイヤモンドなどの宝石を綺麗に輝かせてくれます!!

エンゲージ (11)

プラチナは適度な硬さがあり、非常に安定した素材です!

変色や変質しにくいのが特徴です。

他の金属では変色してしまう、温泉(硫黄)…   プラチナは全く変色する心配がないので安心して温泉にも入れます!これは嬉しいですね(#^.^#)

もちろん汗にも強いので、スポーツする方にもおすすめです!!

…プラチナリングだから、肌身離さず身につけられる…

だから人気の素材なんですね(^^)

津田様2

 

プラチナの採れる国はごく一部で、産出量が少ないので、

そのため金よりも希少価値が高く、価格が高いのです。

だからこそ結婚指輪ではプラチナを選ぶ方が多いですね♪

プラチナの純度*

IMG_4994

Pt1000 、Pt950 、Pt900、などのこのようなプラチナ表記は見たことある方もいると思いますが、

この数字の表す意味は?という方は多いと思います!

この数字はプラチナの純度を表しています。

この純度が高ければ 良いプラチナ と思ってしまいがちですが、そうではありません!!!

純度が高くなるほど、強度は弱くなってしまうのです…  プラチナだけでは指輪に向いていない素材になってしまうので、他の金属を加えて高度を高めています!

ついぶ東京工房では、Pt900のプラチナを使っています。

プラス!ついぶ東京工房の作り方は、鍛造技法なので、より強くしっかりとした指輪に完成します☆☆☆

 

次回はゴールドの素材について紹介したいと思います♪♪

 

 

 

5月の誕生石 エメラルド

今回は5月の誕生石のエメラルドについて紹介したいと思いますIMG_4913宝石言葉→幸福★

世界の4大宝石のエメラルドは 愛と英知をもたらす崇高な石 と言われています!

エメラルドはこんな人におすすめ

・恋を叶えたい、幸せな結婚がしたい

・恋人や夫婦の絆を強めたい

・疲れを取りたい

・知性や記憶力、直感力を高めたい

慈愛の心を高め、恋人や夫婦、家族との絆を強めてくれて、自分自身を愛し、心身の安定をはかり穏やかな気持ちで過ごせると言われています。そして思考力や判断力が身に付くとされ、仕事のお守りとしてもおすすめです!

IMG_4898

*治療と治癒の石 エメラルド*

エメラルドは古くから「治療と治癒の石」として用いられてきたパワーストーンでもあります!

昔はエメラルドを口に含むと赤痢などの万病に効くとされていました。

高いヒーリング力を持った石なので、持ち主の疲労を回復し、ストレスを取り除いてくれ、感情の安定をもたらし、心身のバランスを取ってくれるとも言われています!

すごい石ですね(^◇^)

IMG_4924エメラルドは あの伝説の美女クレオパトラ が愛した石でもあります♡

エメラルドの美しさに心を奪われたクレオパトラは専用の鉱山を作ってしまったとか…

とても美しいエメラルドですが、エメラルドの内部には多くの傷を持つのが特徴です!

エメラルドの鉱山の多くはかつて海底にあったため、岩塩の結晶や塩水を含んでおり、それが傷として残っているのです。更に気泡が入っている物は、神秘的な美しさから非常に人気が高いです!

エメラルドは硬度の高い石ですが、非常に割れやすいので、取り扱いには十分気を付けてくださいね(‘;’)*

 

★★★最後に豆知識★★★

持ち主に予言を授けると言われており、持ち主に悪意を持った人物が近づくと…

なんと!!!エメラルドの色が薄くなったりすることもある…?と言われています。

エメラルドをお持ちの方はチェックしてみるのもいいかもしれませんね(^^)/

 

4月の誕生石 ダイヤモンド

今回は4月の誕生石のダイヤモンドについてご紹介したいと思います!

IMG_9511宝石言葉→永遠の愛♡

ダイヤモンドは地球上で最も硬い鉱物です。その完全性から、人を完全に近づけると言われています!

ダイヤモンドには心身の浄化、知恵、自信、勇気を与え、精神的、肉体的に強さを与えてくれる宝石とされています。そして、親しい人との絆を深くする効果もあると言われています!!!

4月生まれの方はもちろん、目標を達成したい方や困難に立ち向かう方、愛する人との将来を考えている方にもおすすめの宝石です(^.^)

 

∗婚約指輪の定番となったダイヤモンド∗

IMG_3738

ダイヤモンドが婚約指輪として使われるようになったのは、ヴィクトリア時代からと言われており、約180年前です。永遠を象徴する宝石として、婚約を祝う指輪に使用されたのが始まりです。

ダイヤモンドの硬さはその人との絆を確固たるものにするという意味が込められおり、宝石言葉である「永遠の愛」が後押しをして、婚約指輪の定番になりました♡

ダイヤモンドは美や富の象徴にもなっているため、結婚後も幸せで美しい家庭を築けるようにという願いも込められています!

 

★★★最後に豆知識★★★

ダイヤモンドの成分は炭素のみで出来ています。

なので、鉛筆の芯に使われている黒鉛(グラファイト)と同じ成分なのです!!!!同じ成分なのに、美しく輝くダイヤモンドと真っ黒の黒鉛、、、

なぜこんなにも違う姿なのかというと、炭素原子の配列が違うからなのです!それだけでこんなに違う姿になるなんておもしろいですよね(=^・^=)

IMG_3780

 

 

お客様の声のご紹介です。

手作りご結婚指輪の制作風景をご協力いただき、撮影させていただきました!!

棒状の材料から世界にひとつのご結婚指輪が完成するまでをご紹介いたします☆

シンプルリングコースですっきりとした甲丸型と幅広の槌目型のプラチナリングをご制作いただきました。

002

棒状材料の状態を。
これが指輪になっていくなんて、みなさん最初は想像もつきませんよね!?

001

お二人ともスタート時のお写真を、がんばっていきましょう!!

 

最初に金属をやわらかくするためにガスバーナーで炙ります。

プラチナが真っ赤になるまで熱します。
この瞬間温度は1000度以上の高温に!!

それから急冷することで金属がやわらかくなります。

005

006

 

やわらかくなったところでペンチで曲げていきます。

なかなか難易度高めの作業です。

013 019017

 

お二人ともうまくいったようですね♪♪

形は歪でも構いません!!
隙間なくぴったり端と端が合さっていることが重要なのです。

 

次は溶接を!!

022 023 026

 

緊張の瞬間です。

金属を部分的に溶かして端と端を溶接していきます。

 

うまく溶接できたら、きれいな真円になるように木のハンマーで叩いていきます。

028

サイズ調整もこの際に直接行うので、既製品ではできないぴったりのサイズとなりますよ!!031

旦那様は槌目デザインなので、金槌でも叩きます。
このひと振りひと振りが模様になっていきますよ♪♪032

丸くなってサイズが合えば、形をヤスリで削って整えていきます。

削りすぎには要注意!!

040

その後は細かく傷を取っては磨くの繰り返し。

044

地味だけどとっても重要な作業なのです。

045

ちゃんと磨けているでしょうか!?

スタッフもサポートしますが、お二人でも確認しあいながら作業をすすめていただきます。

 

最後は機械でツヤ出しの研磨作業です。
今までの地道な作業工程が、いっきに花開く時が!!

050

 

053

 

 完成です☆

ピカピカな仕上がりとなりましたね☆奥様の指輪には後日ダイヤモンドを石留をして完成です!!

デザインは違いますが、お二人のイメージとデザインもピッタリです!!

060

完成後にお二人の2ショットを!!

058

お二人とも優しい雰囲気の似たもの御夫婦で、おだやかだけど、とても楽しんで作業していただけたようです!!

○お二人のご感想
「指輪になる前の形からのスタートで、すごく貴重な体験になりました。買うよりも愛着がわきました!!楽しかったです、ありがとうございました!!」
「とても親切、丁寧に教えていただき楽しく作業することができました。思っていたよりもキレイな仕上がりで驚きました。」

遠方よりお越しいただきましたが、その疲れもみせずお二人とも黙々とがんばって作業していただきましたよ!!

ありがとうございました~。
末永くお幸せに。

 

ご結婚指輪の制作風景をご紹介です☆

ご結婚指輪をついぶで手作りしていただいたご夫婦にご協力いただき、制作風景を撮影させていただきました!!

棒状の材料から世界にひとつのご結婚指輪が完成するまでをご紹介いたします☆

今回はシンプルリングコースで手作りの温もりが伝わる槌目型のゴールドリングをご制作いただきました。

材料の状態のゴールドがこちら!!この真っ黒な棒が指輪になっていくなんて想像しづらいですよね、、、。

IMG_5351

まずは加工しやすくするために、ガスバーナーであぶっていきます。「焼きなまし」といって「焼入れ」とは逆の作用で金属をやわらかくします。

IMG_5355

やわらかくなったところでペンチを使って輪っかにしていきます。ゴールド素材はとても硬いので少し曲げるのも大変ですね。

IMG_5358

IMG_5357

なんとかぴったり隙間なく端をあわせることができましたね♪♪

IMG_5360

今度は溶接作業を。

熱すぎると指輪自体が溶けてしまうので緊張の瞬間です、、、。

IMG_5361

無事に溶接できたら、今度は真円にする為、木のハンマーで叩いて成形します。

IMG_5366

きれいに丸くなったら、今度は金槌で指輪を硬く締めつつ、模様を打ち込んでいきます。金槌で打ち込んだ跡のひとつひとつが世界にひとつのご結婚指輪をかたちづくっていきます。

模様をつけたら、リングの内側を紙やすりなどでで削って磨いて仕上げていきます。

つけ心地をよくするために内側はピカピカに磨いていきます。

IMG_5379 IMG_5383

完成しました!!

きれいな真円になりましたね☆手作りしたのでサイズも作りながら微調整できてぴったりになりました♪♪

IMG_5393

完成記念に2ショットを。ありがとうございました~。

IMG_5389

 

026

完成品をお預かりしてそれぞれダイヤモンドを石留して完成となります☆

ピンクゴールドとイエローゴールドの色味にダイヤモンドがよく映えますね♪♪

ありがとうございました。末永くお幸せに。

 

ご結婚指輪の制作工程をご紹介です!!

ご結婚指輪をついぶで手作りしていただいたご夫婦にご協力いただき、制作風景を撮影させていただきました!!

棒状の材料から世界にひとつのご結婚指輪が完成するまでをご紹介いたします☆

今回はシンプルリングコースでマットな質感の甲丸型のゴールドリングをご制作いただきました。

003真っ黒な棒はゴールドの材料です。
それぞれ必要な寸法に長さや幅、形状を指定して用意します。

004最初に硬い状態の材料をガスバーナーで炙ります。奥様は火を使う作業に少し緊張のご様子。
旦那様がしっかりサポートしながらの作業です。

006材料が赤くなるまで熱します。
ゴールドは熱しすぎると溶けてしまうで慎重に作業します
熱した材料を急冷することで材料が軟らかくなり加工しやすくなります。

 

007 008ペンチを使って徐々に曲げていき端をくっつけていきます
少し力のいる作業です。 010

少し歪な形ですが、オッケです!!溶接してからキレイな円にするので、今は隙間さえなければ大丈夫。

 

011再びガスバーナーを使用して、溶接作業を行います。
しっかり溶接するにはタイミングが大事。
こちらも緊張の一瞬です。 014

継ぎ目を熱して、溶接材を溶かしていきます。
両端の隙間に溶けたゴールドが流れ込みしっかりと溶接できれば完了となります。

 

017

019溶接したリングを金属棒にいれてハンマーで叩き、真円に整形していきます。
サイズの微調整なども行いながら少しづつ作業します。 020 少し早く完了した旦那様は奥様の作業を見守ります。021キレイな円の形ができました!!

リングサイズも作りながら合わせていくのでピッタリになりますよ☆

 

ここからは細かな成形や磨きの作業です。地味な作業で根気がいりますがここからの頑張りが仕上げに影響する大事な工程です。じっくり作業していただきます。

022ヤスリを使っての削り作業。
024 お二人とも真剣な表情です。025

内側を刃物のような道具で艶が出るよう削ります。026 028

時には真剣に、時には談笑しながら。息抜きしながら作業も進めます。

030

表面もスポンジヤスリで整えます。031

どんどん形が整ってくると、指輪完成形が見えてくるので嬉しくなりますね♪♪

033

内側のツヤ出し作業。特殊な棒でこするとツヤが出ることにびっくりされていました☆037 038最後はウェスで磨いて仕上げていきます。

完成までもう少し。しっかりと思いを込めて磨きます。

040

完成です☆

手が真っ黒になってしまったのはがんばった証です。

お疲れ様でした。

047

 

イエローゴールドのシンプルな甲丸リングをつや消し仕上げで完成です!!

落ち着いた雰囲気の上品な仕上がりですね♪♪

042

041

お二人の仲の良いご様子からも手作りの楽しさが伝わってきますね♪♪

作業のひとつひとつの工程にスタッフのチェックとサポートが入りますので、初めての方(みなさん基本的に初心者です。)でも仕上がりは既製品に負けない完成度の高さになりますよ☆

シンプルなデザインでもお二人で手作りした時間はかけがえのない大切の思い出に。

ありがとうございました。

末永くお幸せに。

 

お客様の声ご紹介!!

今回はピンクゴールドとホワイトゴールドの細身のリングを一部分交換されるデザインでマリッジリングを制作された方の作業の様子をご紹介いたします。 こちらのリングはベーシックタイプでリングを作っていただき、その後、工房でお預かりして一部分を交換、溶接していきます。 色味の違う素材だと、お互いが引き立てあってとてもきれいな仕上がりになります。 こだわりの光るリングですね!
それではいよいよ作業開始です!
 
 
お二人がお持ちになっているのが、リングの材料です。このようにはじめは棒状のものです。
まず、こちらの材料を火をあてて加工しやすいよう軟らかくしていきます。
火をあて、軟らかくなった金属を専用のペンチで曲げ、端と端をピッタリとくっつけあわせます。硬いピンクゴールドはなかなか大変です。

端と端がピッタリとくっついたらいよいよ溶接をしていきます。
母体の金属より低温で溶けるよう配合された金属を隙間に溶かしこみます。
緊張の一瞬です!

溶接が無事済んだら、今度は芯金棒という鉄の棒にリングを通して木槌や金槌を使って叩いて丸めていきます。
丸くなったら希望のサイズになるよう全体を均等に叩いてサイズを合わせていきます。
ご自身でやっていただくのでちょうどよいサイズが出来あがります。

サイズがピッタリになったら今度は内側を削りつけ心地の良いリングになるよう滑らかに整えます。内側が削れたら表面も丸い形になるよう専用のヤスリで削ります。
これでリングの形は出来あがりました!
次は仕上の作業に入ります。
仕上の作業はホワイトゴールドとピンクゴールドで違ってきます。左の写真はホワイトゴールドの仕上作業風景です。ホワイトゴールドは軟らかい金属なのでヤスリで出来た傷を削り取ることが出来ないので硬い棒状の道具を使って傷を押しつぶしていきます。
こちらはなかなか指の力が要るので大変です。

こちらの写真はピンクゴールドの仕上作業風景です。ピンクゴールドはホワイトゴールドと違い、とても硬いので傷をつぶすというよりは刃物(カンナのようなもの)で傷を削って取っていきます。
今回はお互いに交換されて作っていただいたので、女性は大きなサイズのもの、男性は小さなサイズのものを作業するので少し大変そうでした。
でも、お二人ともがんばって取り組んでいただきました!

仕上の作業が続きます。
全体の大きな傷が取れたら、紙やすりで細かな傷をとっていきます。

細かな傷が取れたら研磨剤で全体を磨いていくとピカッと光ってきます。
リングが完成しました!
お疲れ様でした!
サイズもピッタリですね!
完成したリングをお預かりし、工房でお互いのリングの一部を切り取り、溶接する作業をするためいったんお預かりさせていただきます。

右の写真のように糸鋸を使って切り取ります。
切り取った部分を入れ替え、溶接をしていきます。
溶接が済み、磨きあげて内側に文字をお入れして完成です!
ピンクゴールドとホワイトゴールドの色味が映えてとてもキレイですね!!

作業を終えられてのお二人のご感想
「楽しかったです」
「思った以上に早く、簡単に作成でき、楽しめました」

お二人の頑張りもあって、3時間足らずでリングが完成しました!
お疲れ様でした!
末永くお幸せに!

土屋