お客様の声

結婚指輪

2019年03月17日

自分たちらしさを大切に。

K・H様   K・M様

お客様の声

指輪の素敵で、奥さんと良い思い出も作れて最高でした。ありがとうございます!カムサハムニダ☺
K・H様
最初は上手くできるか不安でしたが、徐々にカタチになったいく過程が見れて、楽しくワクワクしながら制作できました!一生の宝物にします!
K・M様

制作風景

手作り結婚指輪K様1

 

シンプルに自分たちらしさを大切にしたデザインのご結婚指輪に完成しました。

自分たちで作ったそのままの指輪を身に着けていきたいとご希望でした。

 

それではお二人の作業風景をご紹介します。

手作り結婚指輪K様2

旦那様はプラチナを、奥様はイエローゴールドをお選びいただきました。

それでは作業を始めましょう!手作り結婚指輪K様3

まずは火床でバーナー作業をしていただきます!

バーナーを使い、指輪となる金属の棒を温めて、柔らかくしていきます。

手作り結婚指輪K様4金属は曲げたり、叩いたり、力が加わると、加工硬化が起こり硬く変化します。

それを戻すには なまし という作業が必要となります。

なまし とは金属が溶ける手前まで温めていく作業です。

このときに大切なのが、金属の色をしっかり見ておくこと。

もう一つは、金属全体にムラが無いように温めていくことです。

これしっかりと行うと、手でも曲げられるくらいの柔らかさに変わります!

手作り結婚指輪K様6お!曲がりましたね!お二人とも楽しく作業していますね(^^♪

とっても手先が器用な奥様が、少し旦那様のお手伝い中!

手作り結婚指輪K様7

お二人で助け合いながら、素敵な指輪に完成させていきましょう!

とってもいい感じに曲がってきました!もう少しです!がんばれ~!

手作り結婚指輪K様8

 

手作り結婚指輪K様9

再びバーナーを使い、つぎは溶接の作業です。

手作り結婚指輪K様10

 

指輪が赤く光っていますね!とっても熱そうです!

1000℃くらいまで指輪の温度を上げていくので、作業をしていると顔のあたりまで熱気を感じることがあります。

手作り結婚指輪K様11

溶接後の指輪はこんな感じです!

端と端がしっかりとくっ付いているのが分かりますか?

溶接の作業では、指輪本体を溶かすのではありません。

溶接用の小さな金属のチップを溶かし、指輪を溶接していきます。

学生の時に はんだごて を使ったことがある方も多いのではないでしょうか?

はんだごて の高温版と思っていただけるとイメージしやすいかと思います!

溶接!と聞くと、皆さまちょっと不安に思ってしまうようですが、はんだごて の高温版と思うと、少し気が楽になりますよね(^^)/

 

難しい作業ではないので、安心してくださいね!

 

手作り結婚指輪K様12

しっかり溶接できたら、楽しいハンマータイムです!

金属の棒に指輪をはめて、木製のハンマーで指輪を丸くしていきます。

棒に沿わせるようにして、しっかりと叩いていきます!
手作り結婚指輪K様14 お二人とも上手にトントン叩いています!!

指輪は丸くなってきたかな??

 

手作り結婚指輪K様15

旦那様の指にはまりました!

ぴったりサイズに指輪が叩けたようですね。

細かい調節をしながら指輪を作れるのも手作りならではです!

自分にぴったりの指輪を作りましょう!

手作り結婚指輪K様16

サイズができたら、指輪の内側と外側をしっかりと磨き仕上げていきます。

磨きの作業は器用さではなく、最後までしっかり磨きあげる根性が必要となります!(笑)

ちょっと気合いのいる作業ですが、ここを頑張ると最後の輝きが大きく変わってきます!!

完成までもう少しです!!お二人とも頑張ってください!!

手作り結婚指輪K様17

ピカピカの甲丸型の結婚指輪に完成です!!

シンプルの中に、お二人の想いと手作り感が感じられる指輪に仕上がりましたね。

福岡から指輪を作りにいらしてくださいました。遠くからのご来店いただきありがとうございました。

末永くお幸せに*

 

お作りになられた指輪